金型・金属加工の協栄製作所
金型製造の協栄製作所
プレス加工の協栄製作所

プレス加工に必要なモノ

このページでは、プレス加工特に金属プレス加工に必要なモノをお伝えしていこうと思います。そもそもプレス加工にはどんな道具が必要なのでしょうか? プレス加工は狭い面に非常に大きな力を集中して加えることによって、成形する加工方法。ですから、プレス=「押す」ための道具と、加わった力を受けて素材を任意の形状へ変えるための治具=「金型」が必要になります。

プレス機械について

プレス加工を行う機械のことを「プレス機械」と呼びます。このプレス機械にはさまざまな種類のものがありますが、ここでは代表的ないくつかの機械をご紹介することにいたします。

プレス機械の種類

・クランクプレス
・リンクモーションプレス
・ねじプレス
・カムプレス など…

プレス機械の駆動方式

・油圧プレス ・・・ 油圧を使ってプレスする機械で最も一般的なプレス機器といえる。
・エアープレス ・・・ 圧搾空気を使ってプレスする機器で空圧プレスとも呼ばれる。
・フットプレス ・・・ ヒトの足の力を使ってプレスする機器。
・ハンドプレス ・・・ ヒトの手の力を使ってプレスする機器。
(※フットプレスとハンドプレスでは、あまり強い力をかけることはできない)

最も一般的なプレス機械「クランクプレス」

上記でさまざまなプレス機械をご紹介しましたが、金属プレス加工において最も一般的な機械は「クランクプレス」と呼ばれる機械です。プレス機は素材を上から下に強烈な力で押さえつけることによって加工を行うのですが、構造を簡単に説明すると、自動車やオートバイのエンジンと同様に、電動モーターの回転エネルギーをプレス機のクランクシャフトに伝え、コネクティングロッドを通してスライドギブに固定されたスライドを上下に動かす(一部左右の動きあり)仕組みになっています。

スライドギブが上下運動を加えるに対し、その運動エネルギーを受け止めるパーツがボススタです。ボルスタはスライドギブと相対して取り付けれられており、スライドとボルスタ双方で金型に挟み込まれた金属素材を加工していきます。
>>協栄製作所のプレス加工はコチラ<<
>>協栄製作所のプレス機器はコチラ<<


プレス金型は上下が対となって構成されている

他のページでもご紹介していますが、プレス加工はプレス機械だけで行うことはできません。プレス機械とその力を受け止めることのできる金型とセットで初めて加工が可能になるのです。このプレス金型は、プレス機器に据え付けられるのですが、真横から見てみると凸凹状になっており、ハサミのように上下セットの刃物に金属素材をカットするようにできています。

プレス金型をプレス機械へ取り付ける手順

プレス金型をプレス機器に取り付ける具体的な方法をご説明しますと…


①上の刃をスライド部へ固定する ・・・ 上型
②次に下の刃をボルスタへ固定する ・・・・ 下型


こうすることでプレス機械が動いた時に、上下の金型の刃の部分が噛み合わさり、金属が加工されるのです。プレス加工はプレス機器と金型によって、「せん断」「曲げ」「絞り」といった加工を非常に短時間で金属板にあたえ、色々な形状に一瞬で変化させることができます。プレス加工はそのスピード性ゆえに、現代の工業化社会においてなくてはならない加工の1つ。言い換えればもっとも重要な金属加工の手法の1つといっても言い過ぎではありません。

しかしその加工の精度は金型次第です。金型はプレス加工のもっとも重要なファクターであり、プレス加工の中核だといっても差し支えないのです。

>>高精度なプレス金型の製造は協栄製作所へ<<


モノづくりに関することは、なんでもお問合せください。

  • 悩みはお話をすることから!
  • 24時間受付中!メールでのお問い合せ

このページの先頭へ