金型・金属加工の協栄製作所
金型製造の協栄製作所
プレス加工の協栄製作所

プレス金型コラム 金型を使うのはどんな人?

通常、金型を一般の方やご家庭で使わる方はいないと思います。ではどんなシーンや状況で、どのような人々が金型を使っているのでしょうか?金型の姿をよく目にするのは、モノづくりの現場、とくに自動車や電化製品といった大量生産の製造現場では一般的。では金型はどのような補完機器と組み合わされ、どのよう人々が操作しているのでしょうか?

部品や製品製造のための機械

プレス金型には様々な種類があり、またその金型をそなえつける機械類にも種類が存在します。プラスチック加工であれば射出成型機、金属プレス加工であればプレスがそれにあたります。これらの加工機械は、高圧力で金型をプレスします。素材を任意の形へと成形するために必要な機械だと認識ください。

プレス機器の前後に組み込まれるもの

製造の部品精度を高めるためには、寸分の狂いなく素材を金型で成形しなくてはなりません。そのため、材料や素材をがっちり受け止めるための保持装置。順送プレスに欠かせない、挿入・排出装置が必要です。

金型本体

本サイトの主役「金型」。これがないと始まりません。金型には多様な種類が存在しますが、協栄製作所ではプレス金型、それも金属加工に特化したものを取り扱っています。

材料・素材

金型やプレス機だけあっても、素材となる金属板やプラスチックの材料がないと製品を作り出すことはできません。ひとことで金属板といっても、鉄板なのか銅板なのかステンレス板なのかによって、金型の構造・強度も変わってきます。

どのような人々が金型を使っているのか

このように金型は部品製造の中心的な役割を果たすコアパーツだといえます。けれどこのコアパーツも、扱う作業者がいなければ存分にその性能を発揮させることはできません。この金型を操作する人々のことを、「プレス工」「プレス技術者」と呼びます。

プレス工・プレス技術者の役割

プレス工・プレス技術者とよばれる人々は、金型やプレス機械の整備や点検、それに金型の取り付けや調整も行います。同時に試射や試作を金型技術者と連携して行い、製品精度を高める役割も担います。

金型の精度に問題があると…

金型の扱いに長けたプレス工・プレス技術者ですが、肝心の金型の精度に問題があると、その負担は相当なものになります。とうぜん、仕上がった製品や部品の品質も一定することはありません。これは熟練工であってもいえること。金型の精度は、作業効率や品質保持という面からも欠かせない要素といえるでしょう。

モノづくりに関することは、なんでもお問合せください。

  • 悩みはお話をすることから!
  • 24時間受付中!メールでのお問い合せ

このページの先頭へ