金型・金属加工の協栄製作所
金型製造の協栄製作所
プレス加工の協栄製作所

金型の切削加工と金型職人の求人について

金型の切削加工と金型職人の求人について

金型の各種の設計が終わると、機械加工の段階に入ります。金型加工はコンピュータで制御されたCNC工作機械中心で行われていますが、切削加工・研削加工・放電加工・および磨き加工など広範囲な加工法が適用されており、これが金型加工の特徴とも言えます。

このコンテンツでは、各金型への加工をご説明させていただきます。

金型の切削加工法

金型加工法の中で切削はもっとも多く用いられている加工法であり、その内容は多岐にわたっています。このページでは、それらの中から一般的な金型の加工について具体的に説明するようにいたします。

金型における汎用切削とCNC切削の相違点は?

金型の汎用切削加工

汎用切削は、ハンドル操作による工具軌跡を描き、同時2軸までの切削までが基本です。したがって、1回の送りで多量の「切り屑排出」を指向するため、高切込みで低送り、および低切削速度の条件による切削が中心になってきます。しかし、切り込み量の多い切削は、切れ刃部への熱影響が大きく変化してしまうというリスクがあります。さらに加工能率と制度は、作業者の技能レベルに左右されやすく、人的要因に依存した加工法だといえます。

金型のCNC切削加工

一方、CNC切削は、工具軌跡を自由に制裁できるため、合理的な工具軌跡で切削することが可能です。すなわち、最低限の工具で最大限の切削加工が可能であり、工具軌跡を含めた切削加工が可能な切削法だといえます。CNC切削は、工具軌跡を含めた切削条件の選択内容いかんで、切削加工の質が左右されるといっても過言ではないでしょう。

金型のCNC切削はCAMの使用が前提になってきている

CNC切削は、CNCフライス盤おとびマニシングセンタで行われるが、NCプログラミングは、CAMで生成することが主流になっている。現在、ほとんどの被切削材および、狭く深い溝などの加工は、放電加工が利用されています。放電加工を行う際は、放電加工用電極が必要であり、その電極の加工はマニシングセンタおよびCNCフライス盤などで行われています。金型の高精度化傾向に加えて、微細加工への要求も増加しており、放電電極の高精度と微小化対応は、今や不可欠となっています。その結果、CNC放電加工、および放電用電極加工システムは、新たな段階への進展が求められています。

CNC切削ってなに?

コンピュータ(ハード)CNCプログラム(ソフト)により指令された内容で所定の形状を切削する方式を、「CNC(Computerized― NC)切削」と呼びます。すなわち所定の形状を切削加工する場合にもっとも合理的と考えられる切削工具を用いて、合理的な工具軌跡と切削条件をあらかじめコンピュータに入力することで、マニシングセンタなどの自動運転が可能となるのです。したがって、CNC切削における技術水準の高さは、前述したプログラムソフトの内容で決まります。各要素におけるデータベース構築は、切削加工の高度化を指向する上で重要なポイントであるといえるでしょう。

プレス金型協栄製作所

協栄製作所は金型技術者を求人しています。

大阪の協栄製作所は、金型技術者・金型職人を募集中。長年、金型製造に携わってきた熟練工はもちろん、プレス金型やプレス加工に興味のある若手も大歓迎。経験のない若手の方々には、金型製造やプレス加工にかんする技術やノウハウを惜しみなく提供します。あなたも、made in Japanの担い手として、モノづくりに関わっていきませんか?

協栄製作所求人情報コチラ

モノづくりに関することは、なんでもお問合せください。

  • 悩みはお話をすることから!
  • 24時間受付中!メールでのお問い合せ

このページの先頭へ