金型・金属加工の協栄製作所
金型製造の協栄製作所
プレス加工の協栄製作所

プレス金型と「文房具と雑貨」について

なぜ100円ショップは雑貨や文房具を安く大量に提供できるのか?
それは金型、とりわけプレス金型の存在が多きといえます。

プレス金型による雑貨・文房具の安定供給

この金型コラムをご覧になっている方の中で、100円ショップを利用したことのない方はいらっしゃらないと思います。100円ショップで驚くのは、その取り扱う製品の多さです。単なるプラ容器などを見てもそこまでの驚きはありませんが、傘や腕時計はたまたパソコン関連のサプライ品など、製作製造にそれなりの技術と精度が必要な製品の存在には目を見張るばかりです。

100円ショップに限らず安価な製品の供給には金型の存在が不可欠

これら安価な雑貨や文房具の製造にはある特徴が見え隠れします。

雑貨や文具に共通する特徴1

製品自体の完成度や性能が完結していて、新たなイノベーションが必要ない。そのため発展途上国や練度の低い企業や担当者でも製品製造が可能。

雑貨や文具に共通する特徴2

製品製造にための設備や装置に多大な投資が必要ない。そのため、比較的小規模な企業でも参入することができる。

雑貨や文具に共通する特徴3

製品の販売価格が安価なため、利益確保のため大量生産し大量流通させる。

これらの特徴を鑑みると「プレス金型」による製造が最適

上記3つの項目を鑑みると、金型、それもプレス金型を使用して製品を大量生産することが望ましいことがわかります。雑貨や文房具は、樹脂製のものが多いため、材料と金型のマッチングで安価で品質を均一にした製品を作り出すことができます。

プレス金型はそこまで熟練工を必要としない

「プレス金型による製品製造に熟練技術がいらない」とは言いませんが、1つの製品を一から製造する過程と比較すれば驚くほど簡単に製品製造を行うことが可能です。そのため女性や若年労働者でも製品製造に携わることが可能で、このことが海外など製造拠点の流出の要因ともなっています。

プレス金型を使えば一度に大量の製品をつくることが可能

金型を使うと非常に歩留まりの良い製造を行うことができます。プレス金型を使うとさらに歩留まり精度は向上します。ワンオフで製品製造すると、一つの素材から数個の部品点数をつくる出すことができないケースであっても、プレス金型を使用することで、その50~100倍も歩留まりを向上させることができます。

雑貨・文房具とプレス金型の関係まとめ

金型やプレス金型は、一度に大量の製品をつくることができる。

金型を使用すると、製品を安価で製造できる。

金型を使用することで、一定程度の技術力があれば製品製造に携われる。

モノづくりに関することは、なんでもお問合せください。

  • 悩みはお話をすることから!
  • 24時間受付中!メールでのお問い合せ

このページの先頭へ